Menu
TOP
ご挨拶
紹介
価格表
バット部リペア
革巻き
糸巻き
グリップコーティング
リフィニッシュ
バットエンド交換
ジョイントカラー交換
ジョイントピン交換
ウエイト調整・交換
 
シャフト部リペア
先角交換
シャフトリング製作
シャフトリング交換
シャフトプラグ加工
シャフトジョイント加工
シャフト塗装
シャフト製作
シャフトウエイト調整
 
その他のリペア
エクステンション
 
所要期間
依頼方法
販売
エクステンション
お知らせ
日記
コラム
アンケート
ご質問
ご依頼
リンク

TUFactory
代表 土田 龍彦
大阪府大東市
北条2−15−17
090-3289-8008
 (16:00〜24:00)
t2factory@dsk.zaq.ne.jp

Total Cue Repair Service TUFactory


ジョイントピン打ち換え

 
 \15,000〜(新しいピンに打ち換えの場合)
*現在のピンを打ち直す場合はメールでお問い合わせください*

抜けかけたジョイントピンの修理(再挿入)や、ジョイントの形状変更のために新しいピンに打ちかえる、
バランスを変える為のピンの変更などなど、様々な目的のためにピン打ち換え、打ち直しいたします。
ピン打ち換えの場合、出来るものと出来ないものがありますので、ご相談ください。
<ジョイントピン交換例>
 今回の交換は、スレッジハンマー用特殊ネジをラジアルピンに交換しました。
 お客様がお持ちのシャフトが曲がってしまったため、ラジアルピンに打ち換えてお持ちのACSSを使用したいというご希望で今回のピン打ち換えを行いました。
これが、元々のスレッジハンマー用特殊ネジです。
特殊なネジのため、シャフトの換えを入手するのは少し難しいかもしれません。
(シャフトを新たに買うとなっても高価ですので)
ジョイントピンを取り出したところです。
ラジアルピンに打ち換えました。
これでお持ちのラジアル用ACSSを使用できるようになりました。
ラジアルピンにすることによって、シャフトのバリエーションも広がります。