Menu
TOP
ご挨拶
紹介
価格表
バット部リペア
革巻き
糸巻き
グリップコーティング
リフィニッシュ
バットエンド交換
ジョイントカラー交換
ジョイントピン交換
ウエイト調整・交換
 
シャフト部リペア
先角交換
シャフトリング製作
シャフトリング交換
シャフトプラグ加工
シャフトジョイント加工
シャフト塗装
シャフト製作
シャフトウエイト調整
 
その他のリペア
エクステンション
 
所要期間
依頼方法
販売
エクステンション
お知らせ
日記
コラム
アンケート
ご質問
ご依頼
リンク

TUFactory
代表 土田 龍彦
大阪府大東市
北条2−15−17
090-3289-8008
 (16:00〜24:00)
t2factory@dsk.zaq.ne.jp

Total Cue Repair Service TUFactory


グリップコーティング


\5,000〜
(塗装の量によって値段が変動します)

 
手汗を全くかかない方で、革巻きにしてもキューが滑ってしまう方にお勧めです
革の中でも光沢の強いものは、基本的に革自体のコーティングが強くなっていますので、
手汗をかかない方にとっては滑りにくい材質なのですが、
その材質を使ってもキューが滑ってしまう方は一度お試しになってはいかがでしょうか。
革巻きの上から塗装をして、コーティングをさらに強くします。
丁度ノーラップのキューに近い状態を作るわけです。
コーティングできる革は、光沢のある革です

CaponeにTHK71(イグアナ型押し腹)を巻きました。
この状態はまだコーティングをしていません。
革巻きだけですと、革自体のコーティングのみになりますので、この上に塗装をします。

手前のキューが、グリップコーティング後の状態です。写真では分かりにくいかもしれませんが、かなり光沢があり、表面はツルッとした感じになっています。手触りもニス塗りの手触りですので、イグアナの型押しで凹凸が多少はありますが、ノーラップのような感じになります。